介護保険は市町村が運営しているのって知ってた?

介護事業者は。保険者であるs所町村からんも介護給付(9割)と利用者からのサービス利用料(1割負担)によって介護サービスを提供します。
この介護給付の財源は、被保険者からの介護保険と国・都道府県・市町村からの税金などの公費から賄われています。

市町村は介護保険じぎょいうを円滑に行わなければなりあm線。
そのため市町村は、介護保険事業の介護サービスの利用予測など基づいて市町村ごとに運営されています。
ですから市町村ごとに微妙に介護保険事業の内容が異なります。
介護保険事業の財政状態田地域に居住する被保険者数に追ういてせていされる65歳以上の被保険者’第1号被保険者)の介護保険料には市町村ごとに差があるのです。
また介護事業者に支払われる介護保険給付の財源は介護保険料と税金などの公費ですがその割合もサービスごとに変わります。

介護給付や介護予防給付におけるサービスでは保険料と公費の割合は半分ずつの折半位なります。
ただし、地域支援事業の包括支援事業と任意事業では80%近くが公費で賄われています。
そのため市町村後地にサービス内容はかなり変わります。

そこで問題なのは。介護保険制度の維持・運営に大きな役割を果たすのが保険者なんです。
保険者は通常、被保険者である住民が居住する地域の市町村や特別区です。
さらにそいの市町村が集まって広域連合と呼ば悪保険者になることがあります。

保険者は
・介護保険事業を策定
・保険料を設定
・被保険者第著の作成
などにより被保険者を管理します。
また、第1号被保険料も徴収します。

また65歳の誕生日に被保険者に被保険者証を交付します。
さらに介護が必要な】被保険者には介護認定を行います。
被保険者の資格と要介護認定の有効期限を管理します。

またそれ以外にも住宅改修や福祉用具の貸与にあたっての利用者への給付支払いも行っています。

このように市町村は介護保険事業のさまざまな役割を担っているのです。

介護ソフト 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です