教わり上手な薬剤師ほど成長が早い

転職したての薬剤師
ブランクのある薬剤師
就職したばかりの薬剤師
そんな彼らにとって新しい業務に慣れるまではわからないことだらけです。

時に厳しい先輩薬剤師から教わることは憂鬱なことでもあります。
一度の説明で分からなかったことを再度その怖い先輩薬剤師に効くことをためらうかもしれません。

しかし大事なことは
「わからないことをわからないままにしておいてはいけない」
ということなんです。
わかったふりをしていると後々そのことが大きな失敗につながりかねません。
知らないこと
和かr田ないこと
そんなことがあったらいくら怖い先輩薬剤師でもひるまず質問すべきなのです。

ただあなたが怖いと思っている先輩薬剤師側にしても、的を得た質問ではなくその質問の仕方や内容や態度
それについイラっとしてしまうこともよくあることなのです。

そこであなたには教わり上手な薬剤師になって欲しいのです。

まず自分で考えて調べてから質問しましょう。、
自分で考えること
自分で調べてみること
そんなこともしないでただ質問すれば教えてくれるもの
そんな間違い尾はしてはいけません。
薬局内は真剣勝負の場所です。
学校ではないのです。
そんな甘い考えをしているから先輩薬剤師もイラっとしてしまうのです。

質問の内容は簡潔にまとめておきましょう。
sj補ポイントがわからない質問委は答えようがありあm線。
業務手順に質問したいなら
「◎◎の時に▲▲するところまではわかりますが、次の手順がわかりません」
そんな風にできおるだけ具体的に質問するようにしましょう。
薬の使い方であれば
「添付文書に~~と記載されていますが、この処方は~~でしょうか?」
としうtもんであれば聞かれた方も具体的に答えることができます。
「ここまで調べてわかっているけれど、この先がわからない」
そんな質問に心がけましょう。

教えてもらうということは相手の貴重な時間を奪っているのです。
社会人ならそのあたりの意識は変えなくてはいけません。
薬剤師 転職 育休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です