中高年の膝痛は若い頃のスポーツが原因のことも

膝の痛みを訴える方の中に、スポーツ好きな方も少なくありません、
肥満や運動不足が膝痛の原因とい言われているのにあんぜでしょうか?
それは若い頃のスポーツが今、膝痛を引き起こしていることもあるのです。
学生時代、部活動のスポーツに打ち込んでいたのなら、一度そのあたりのことも疑ってみましょう。

昔は今ほどスポーツ医学があまり普及しておらず、間違った無茶なトレーニングもたくさん行われていました。
そのツケが中高年になって払わされているのです。
たといえば「うさぎ飛び:などは有名です。
この「うさぎ跳び」は半月板を損傷するリスクの高い運動で、現在ではほとんど行われておりません。

こうした昔の激しい運動で膝を酷使した結果。膝関節の軟骨が好き減っていた理、変形性関節症をm、姉いていることがあああります。

また若い頃のイメージでトレーニングを続けていると膝も悲鳴を上げてしまいます。
加齢に伴い、関節も老化が進んでいます。
また加齢により膝関節の軟骨もすり減っています。
膝の半月板も弾力性も低下しています。
それなのに
「これくらいは平気」
と過度な運動をしがちです。
ですから以前のように動けると過信していると膝に大きな怪我をすることもあります。
自分お年齢を関gは得て、過信はせずに無理をしない範囲での運動やスポーツに励みましょう。

特に膝関節の軟骨は加齢とともにすり減っていくのは仕方ありません。
最近ではコンドロイチンなdそ膝関節の軟骨を修復する成分の配合されたサプリもたくさん販売されています。
痛くなる前に日頃からこのあたりも気を使っておくことをおすすめします。

自分の年齢を認めることは自分老いを認めることかもしれません。
そこには「意地でも認めたくない」という気持ちもよく理解できます。
しかし、寄る年波には勝てないのです。
だからこそ日頃から注意しておく必要があるのです。
膝か痛くなる前がそのことを受けとめることが大切です。
おばあちゃん 足が悪い プレゼント