終活の目的

「終活をスタートしようと思うけれども、なにからスタートしたらうまく行くのかはっきりわかっていない」というような方のために。

終活というのはモノや資産を整備することだけということではなく、ライフスタイルを見つめ直しこれからのことを実り多い自分のものにするための活動なんです。セカンドステージをいきいきとおびえることなく過ごすことを目指して終活にチャレンジしてみることをおすすめします.。
ここ何年かの少子高齢化時代においては身の回りに迷惑を掛けることなく生涯を終わるための身支度を整える「終活」が広がりを見せています。
「終活」というのは、「生涯の終わりのための活動」を省略したものです。
生涯の総括をして、生涯のエンディングを受け容れるに於いて、いくつもの準備にあたることを指し示している言葉なんです。

例を挙げれば、身の回りの整理、資産の引き継ぎをスムーズに進めるためのプランニング、お葬式や墓の用意などがおもに行なわれています。

その一方「生涯のエンディングを考えることを通して”自分自身”を振り返り、”現在”をよりよく、自分らしく人生を送る」ことを目的とした終活を行うことが重要視されています。

終活は自分自身の没後、周囲の人にも迷惑が及ばないようにという気持ちを込めて取り組まれる人もかなりいるのですが、自分自身がはつらつとした気持ちで生活するため、自分が充実した人生を送るための「終活」こそが必要不可欠です。

お年寄りのどんな方でもある不安要素、1つの例として介護のこと、相続のこと、生命保険のこと、お墓のこと、告別式のことなどを前もって考え準備して老後生活の心配を解消して、はつらつとしたセカンドステージを送ることが間違いなく「終活」の真の目標だということです。

それを現実にするには、老後資金を確固たるものにしておくことだって必要不可欠です。

終活に手をつける理由として大部分を占めるのは「家族に迷惑をかけたくないから」という理由です。

終活ガイド 上級講座 おすすめ