腰痛で病院に行った時に医師にどう伝える?

いっこうにおさまらない腰痛。
ついには病院に行くことを決意するかもしれません。
しかし、その時にあなたの腰痛をどう医師に伝えるか?
これはすごく大切です。
伝え方によってあなたの腰痛の治療委方針にも大きく影響してしまうからです。
そこで知っておいて欲しいのが医師からどんな質問が来るのか?あらかじめ準備用意しておくことです。

腰痛で医師に受診した時に効かれる問診は以下の通りです。
①腰のどこがどのように痛むのか?
②どんな姿勢の時に痛むのか?
③どんなことをきっかけに腰が痛むようになったのか?
④いつごろから腰が痛むようにな田の課?
⑤腰からお尻、足にかけて痛みやしびれはあるか?
⑥腹痛や発熱はあるか? 血尿など腰痛以外の症状はないか?>
⑦今まで腰痛の治療は受けたことがあるか?
 その場合はその経過はどうか?

この他にも腰痛以外の既往症や現在拭く湯しているお薬なども訊かれます。
またアレルギーの有無も質問されるでしょう。

これらの質問で、とっさにこたえられるものもありますが意外とすぐに答えられない質問もあるかもしれません。
できれば、予めメモなどに書いておくこともおすすめします。

あと、あなた自身の自分の腰痛の治療方針も伝えることが大切です。
「できれば手術は避けたい」
「できればジェネリックや漢方薬などのお薬がいい」
「仕事が忙しくなかなか通院が難しい」
などです。

腰痛の原因には、人それぞれ異なりますしその治療法もさまざまです。
「この腰痛にはこの治療法」というものは未だ確立されていません。

ですので、腰痛はあなたと医師の二人三脚で治していくものなのです。
それには医師との綿密なこんひゅにケーションが重要になってきます。
腰痛が他人からわかる明確な症状がない以上、祖の伝え方は簡単ではありません。
「腰の下あたりがギューンと痛んで」
「腰から足にかけて時々 電気が走るような痛みがあって」
「こんな姿勢をとると痛むんです」
などなど伝え方にも工夫が必要ですし、それを理解してくれる医師にも巡り会わなくてはいけません。
ぎっくり腰 仕事 休む期間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です