シャンプーと人生について考えてみた

良いシャンプーを使って違うものを比較してシリコンフリーのシャンプーを使っても、洗い方を間違えると効果が半減してしまいます。正しい洗い方と間違った洗い方を比較すると、その効果は明らかです。そこで今回はシャンプーの正しいやり方をお伝えしたいと思います。

まず、髪を濡らしますが、ただ濡らすだけではいけません。髪についた埃や汚れを水で洗い流すようにするのです。こうすることで、シャンプーの量を少し減らして、髪と頭皮への負担を軽減することができます。

次に、すぐにシャンプーをつけますが、この時、髪に直接シャンプーをつけないでください。適量を手のひらにとり、よく泡立てて髪になじませます。

髪と一緒に泡立てようとすると、髪に摩擦が生じて髪に負担がかかるので、泡立てたものをそのまま塗るとよいでしょう。その後、指先で頭皮をマッサージするようにやさしく洗います。これにより頭皮が刺激され、血行が良くなります。汚れが完全に落ちたと思ったら、最後のすすぎです。

ノンシリコンシャンプーや通常のシリコンシャンプーも同様ですが、シャンプー液が残らないようにしっかりすすぎましょう。また、頭皮に残ることで炎症を起こすこともあります。正しい方法で髪を洗うと、髪と頭皮の健康が変わると思います。

どんなことにも言えますが、大事なのは正しい方法ですよね。間違った方法では、限られた効果しか期待できません。最大限の効果を期待するなら、面倒くさいと思わずに初心に戻って丁寧にシャンプーしてください。

人生もそうだなーなんて、思うことがあります。シャンプーで人生まで考えなくてよいのですが、基本を守ることの大切さは同じですよね。ということで、良い人生のためにも良いシャンプーを使って正しく洗髪していきましょう。

シリコンシャンプーでも、ノンシリコンでも、好きな方を正しく使えばいいのではないかとわたしは思います。ちなみにわたしのシャンプーは微量のシリコン配合です。
シーグレイ 販売店

ちょっと意外なカジノの歴史

カジノとは、ギャンブルを行う施設のことです。
世界のカジノ事情は国によって大きく異なっています。

カジノを合法とするかどうかという違いもあります。
これは大きいですね。

日本ではカジノは認められていませんから
世界のカジノと言う時に日本は含まれていません。

わたしは個人的にカジノが好きではありません。
ギャンブルは良くないと思っているからです。

カジノの起源はヨーロッパだといわれていますが
確かなところはわかりません。

フランスのルイ15世の時代に
上流階級や庶民の賭博場が始まったそうです。

フランス革命後は賭博に関する制限がなくなって
急速に広まったといわれていますが
ナポレオンは賭博規制を行っていました。

イタリアのカジノは1638年に作られた
世界最古のカジノ・ディ・ヴェネツィアが有名ですね。

ドイツやイギリスでもカジノは作られています。

アメリカではネバダ州で合法化されてから
ラスベガスがカジノの代名詞となりました。

いろいろな映画でラスベガスが舞台となっていますね。
レインマンとかゴッドファーザーが懐かしいです。

1960年代以降では家族連れや地元客を相手にした
ゆるい感じのカジノが増えています。

賭博だけではなくショーやリゾート施設などを
併せ持ったカジノが一般的になったわけです。

世界のカジノは120ヶ国以上で合法化されています。
2000軒以上のカジノが観光の目玉ともなっているのです。

これまでのカジノは非合法組織による関与が問題でしたが
当局の規制強化でかなり落ち着いています。

1990年代後半にマカオでのカジノ抗争が激化しました。

意外かもしれませんがアメリカではすべての州で
カジノが合法化されているわけではありません。

一切のギャンブルが禁止されている州もあるのです。
ニューヨーク州では1881年にギャンブルが禁止されました。

社会の負の部分としてギャンブルが問題視されたのです。

1885年にはネバダ州を除く全ての州で
カジノが非合法化されました。

※こちらの記事も読まれています⇒ スロット ボロ負け

.