「いいシャンプーを使う」派と「シャンプーは使わない」派

強いストレスを受けると、どこかしら体調に変化がでてくるものです。なかでも頭髪にでる方も多いのではないでしょうか?白髪や薄毛、または両方・・・・。

頭髪の変化は加齢や遺伝と考えられていますが強いストレスにより、頭髪の状態が一気に変化することも多いようです。

日常生活をしていれば多かれ少なかれストレスは避けて通れません。なるべくストレスを感じないような生活を心がけるのがベストな対策でしょうが、以外と難しいことは明白です。

ストレス回避以外に白髪対策や薄毛対策をしている方も多いようです。薄毛対策には「天然素材のいいシャンプーを使う」派と「シャンプーは使わない」派に分かれているようです。

シャンプーをしないことが薄毛対策になる、と考えている方も多いようです。「インディアンにハゲはいない」とか、「ホームレスにハゲはいない」といわれているようですので、確かに髪の健康状態を考えるなら「シャンプーなし」派の考えカに説得力があるよいうな感じがします。

YouTubeの動画でもシャンプーを使わない、お湯だけで洗髪する「湯シャン」のやり方をレクチャーしてくれる動画が多数あるようです。続けるとシャンプーなしでもニオイが気にならなくなるらしいですね。

ニオイがどうしても気になる方は頭髪のニオイは油分によるものらしいので、脂っこいものを摂らないように食事に気をつけている「湯シャン」派の方もいるみたいですね。

「天然素材のいいシャンプーを使う」派は自分にフィットするものが早く見つかればいいでしょうが、自分に合った「シャンプー探し」という沼にハマる方が多いようです。

例えば自分に合っていると思っていても、「よりよいシャンプーを・・」と欲望は尽きなくなってくるようですね。最悪の場合、高いシャンプーを使い続け、お金も髪の毛もどんどん少なくなってくる・・・、なんて泣くに泣けないエピソードを持っている人も以外に多いのかもしれません。

私的にまとめさせていただくと、劇的に変化をも求めるなら「いいシャンプーを使う」派として旅を続けるか、湯シャンでできるだけストレスを与えない生活を送ることを心がけるか、の2択なんじゃないかと思いました。

ヘアバース ウエルシア